keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
低用量ピルが引き起こす作用~不妊治療編~
低用量ピルって

低用量ピルが引き起こす作用~不妊治療編~

女性の体はホルモンの関係で体調不良や気分の波がある生き物です。自身でコントロールできるものではありません。

そこで女性の助けになってくれるのが低用量ピルなのです。低用量ピルとは生理周期を整えて女性ホルモンを整えてくれるお薬です。

じつは低用量ピルは緊急避妊薬であるアフターピルよりも避妊効果が高いことで知られています。

しかし低用量ピルは不妊治療に使われることがあるのです。では不妊治療にどのような作用があるのでしょうか。

生理と妊娠の仕組み

現代の女性は食生活や生活の乱れから昔よりも初潮を迎える年齢が早くなったと言われています。また、昔の女性に比べ1人の女性が出産する子どもの数も減少傾向にあります。

実は初潮を迎えてから女性は生理周期同様、毎月排卵日になると卵巣は卵子を排出します。

妊娠中の間は排卵が起こらないので卵巣は働きを止めて休むことができるのです。

しかし妊娠をしなければ卵巣は休むことなく毎月卵子を排出し続ける為、卵巣自体に負担が掛かっていまいます。

妊娠も可能!?低用量ピルで不妊治療

低用量ピルを服用することで低用量ピルの成分である黄体ホルモンが卵巣の働きを抑制する作用があります。
なので低用量ピルを飲み続けている間は妊娠をすることができません。ですが卵巣の働きを制御することで卵巣が休息することができるのです。

しばらく卵巣が休まる事ができ、低用量ピルは服用をやめてから早くて1回目の生理が来る前に妊娠することもあるのです。

休息した卵巣は質の良い卵子を排出することができるということです。

胎児への影響が心配される低用量ピル

低用量ピルは胎児への影響がないのかなど心配の声もあります。結論から言うと胎児への影響はありません。

というのも低用量ピルは女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンでできているので胎児や母体にも悪い影響を与えることはありません。