keyboard_arrow_right
低用量ピルって
低用量ピルって

低用量ピルが引き起こす作用~不妊治療編~

不妊治療にも使われる低用量ピルの効果

女性の体はホルモンの関係で体調不良や気分の波がある生き物です。自身でコントロールできるものではありません。

そこで女性の助けになってくれるのが低用量ピルなのです。低用量ピルとは生理周期を整えて女性ホルモンを整えてくれるお薬です。

じつは低用量ピルは緊急避妊薬であるアフターピルよりも避妊効果が高いことで知られています。

しかし低用量ピルは不妊治療に使われることがあるのです。では不妊治療にどのような作用があるのでしょうか。

生理と妊娠の仕組み

現代の女性は食生活や生活の乱れから昔よりも初潮を迎える年齢が早くなったと言われています。また、昔の女性に比べ1人の女性が出産する子どもの数も減少傾向にあります。

実は初潮を迎えてから女性は生理周期同様、毎月排卵日になると卵巣は卵子を排出します。

妊娠中の間は排卵が起こらないので卵巣は働きを止めて休むことができるのです。

しかし妊娠をしなければ卵巣は休むことなく毎月卵子を排出し続ける為、卵巣自体に負担が掛かっていまいます。

妊娠も可能!?低用量ピルで不妊治療

低用量ピルを服用することで低用量ピルの成分である黄体ホルモンが卵巣の働きを抑制する作用があります。
なので低用量ピルを飲み続けている間は妊娠をすることができません。ですが卵巣の働きを制御することで卵巣が休息することができるのです。

しばらく卵巣が休まる事ができ、低用量ピルは服用をやめてから早くて1回目の生理が来る前に妊娠することもあるのです。

休息した卵巣は質の良い卵子を排出することができるということです。

胎児への影響が心配される低用量ピル

低用量ピルは胎児への影響がないのかなど心配の声もあります。結論から言うと胎児への影響はありません。

というのも低用量ピルは女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンでできているので胎児や母体にも悪い影響を与えることはありません。

低用量ピルって

生理の憂鬱を吹き飛ばす低用量ピル~生理不順編~

生理不順を低用量ピルで改善

女性は、なんだかイライラしたり、肌荒れが酷くなったり、食欲や過食が多くなる時期がありますよね。

ほとんどの女性はカレンダーを見なくても生理が近づいていると分かるはずです。
生理が近いというだけでなんだか憂鬱な気持ちになっている女性の少なくないと思います。

生理不順の女性は特に毎月訪れる生理痛に悩まされている方も多いでしょう。

しかし、女性は生理痛などで仕事や家事、学業を疎かにすることができません。

紳士的な男性なら気を使ってくれる方もいるでしょうが、周りの男性に今自分が生理であることや生理痛がきついと言えませんよね。

仕事の効率も落ちてしまうこともあるでしょう。そんな現代の女性の生理事情を解決してくれるお薬として低用量ピルが存在します。

生理とは?生理の正体を知る

生理前になると卵巣で卵子が成熟しはじめます。卵子の成熟が完成すると子宮内へ移動します。この現象を排卵と言います。

排卵をした後は卵子は精子と受精を待ちます。

しかし2週間経っても受精がおこなわれなかった場合は子宮内膜を剥がしはじめ、生理が起こるのです。
つまり排卵日をしたのに受精しなかった時に子宮内の膜を剥がして子宮外に排出するのが生理なのです。

ホルモンバランスを整えて生理不順や生理痛を改善しよう

低用量ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンを少量ずつ含んだホルモン剤です。卵胞ホルモンは排卵を促すホルモンです。

そして生理不順を治してくれるのが黄体ホルモンというホルモンです。

低用量ピルを毎日定時に服用することで卵胞ホルモンと黄体ホルモンを少しずつ体に摂取されるので、それによってホルモンバランスが調整されます。

排卵日を定期的に起こさせて排卵をして、その後生理を引き起こさせるので生理周期が整うことができるのです。

生理に関係する体調の変化

生理が正常に来ない女性は生理不順で生理周期や経血の量が定まりません。
また生理前になると急激にホルモンが偏りホルモンバランスの乱れから肌荒れを起こしてしまうことがあります。

その他にも生理の量が多くなると生理痛が酷くなる女性もいます。その改善として低用量ピルが使われているのです。

低用量ピルって

低用量ピルの働きを知る~仕組み編~

低用量ピルが持つ避妊の仕組み

皆さんは低用量ピルを知っていますか?日本ではあまりなじみがないでしょう。
低用量ピルとは女性の体の調子を整えてくれたり生理不順の治療薬にも使われます。

他にも避妊薬の効果や不妊治療にも使われています。実は日本でも病院で処方してもらえます。

そして、低用量ピルも通販で購入することもできます。

一見、避妊薬と不妊治療と聞くと真逆のように感じてしまいますがじつは密接な関係があるのです。
低用量ピルは女性の万能薬とも言えるお薬なのです。

低用量ピルの正体は女性ホルモンを含んだホルモン剤です。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンというホルモンが排卵周期によって交互に分泌をしています。

分泌をすることで女性の体の健康状態を保ちます。まず女性ホルモンの働きからどのように低用量ピルが作用するか見ていきます。

エストロゲンの働きとは・・・

排卵日に備えて生理が終わったあとにエストロゲンが分泌しはじめます。

エストロゲンは女性が妊娠できる体づくりをしてくれます。

排卵日直前になると子宮内の膜を厚くして受精卵が着床し易いように子宮内にベッドをつくりだします。
この時の女性の体は妊娠し易い状態です。

プロゲステロンの働きとは・・・

排卵日に入ると徐々にプロゲステロンが分泌を始めます。

プロゲステロンは妊娠を維持できるようにエストロゲンがつくりだした子宮内のベッドを維持して体温を高める役目があります。

しかし、妊娠しなかった時に急激に減少しはじめます。減少することで生理が起こるのです。

女性ホルモンの働きに着目したのがピル

低用量ピルはこの働きに着目して女性の月経の悩みを解決するお薬として開発されました。

生理を毎月決まった周期で起こさせるようにプロゲステロンを少量ずつ含ませた錠剤を毎日服用します。

そうすることで生理を誘発して一定の周期で起こすことができるのです。