keyboard_arrow_right
低用量ピルはアフターピルよりも効果的?!~避妊編~

低用量ピルはアフターピルよりも効果的?!~避妊編~

女性の体の悩みを解決してくれる低用量ピルは不妊治療や生理不順による肌荒れ生理痛の改善薬としても使われています。

しかしピルと聞くとやはり一番は避妊薬というイメージを持たれている女性が多いのではないでしょうか。

低用量ピルと緊急避妊薬のアフターピルでは低用量ピルの方が避妊率が高くほぼ100%の避妊率を誇っているのです。

ただ、低用量ピルは不妊治療にも使われている為に使い方を間違ってしまうと妊娠する可能性もあるので注意をしましょう。
では避妊について知り、失敗しない為に気をつけることを見ていきましょう。

低用量ピルで避妊

低用量ピルの成分は女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンです。

特に女性の排卵に関わってくるプロゲステロンは黄体ホルモンとも言い、排卵の働きを止める作用があります。

低用量ピルの基本的な飲み方としては毎日決まった時間を守り服用することで効果を発揮してくれます。

その効果は、飲んでから1週間ほどであらわれてきます。

少量の黄体ホルモンを毎日服用しゆっくりと卵巣の働きを抑えてくれる為、体に負担が掛からず副作用も出にくいのです。

時々、飲み始めの副作用として軽めの生理痛を感じる女性がいますが、副作用を感じるのは最初の生理くらいで低用量ピルの服用を始めてから2、3回目の生理からは生理痛も緩和されてくるでしょう。

注意!!飲み忘れた際はコンドームを着用して

避妊ができると低用量ピルを使っている女性や検討中の女性に知っていて欲しいのは低用量ピルは不妊治療にも使われているということ。

低用量ピルは毎日の服用で卵巣の働きを制御してくれています。

しかし服用をやめたり飲み忘れてしまった際は休息を取っていた卵巣が休みを終えて元気に活動しはじめる為、卵巣が働きを開始し排卵日に質のいい卵子を排出します。

排卵日前後に避妊をせずに性交渉をしてしまうと妊娠しやすくなっているので妊娠を望まないのであれば、コンドームを着けるなど避妊をしましょう。または、アフターピルであるアイピルを通販で購入の上、備えておくこともオススメです。